日々徒然

日々徒然 · 3月 09日, 2021年
 年とともに人の名前が思い出せなくなるのは自分だけではなさそうだ。  年少の頃に関わった人の名はしぶとく覚えているのに、頻繁に会っていても最近の人ほどふと失念してしまう。データは残っているのに、それを引っぱり出す検索機能がポンコツになっているらしい。  それが、近頃とみに名前だけでなく通常の語句にも及んできた。 ☞
日々徒然 · 3月 01日, 2021年
 スリッパというものはどうも苦手なので、部屋履きには草履を履く。  谷中のひらいやの竹皮でできたやつなどを使っているけれど、1年くらいで、編み始めの先のほうとか編み終りのうしろの方からだんだん解体してきてしまう(藁はもっとダメだ)。  ある日、和紙でできた草履というのを‘甘損’で見つける。取り寄せたら、これがすこぶるよさそう。 ☞
日々徒然 · 2月 20日, 2021年
 大坂なおみがグランドスラムを制したといっても、もはや驚くようなトピックではあるまい。あたりまえ、とまではいわないまでも。  今回の全豪オープン3回戦の試合中、突然闖入して脚や顔に止まった蝶を、彼女が優しくコート外に運び出したことがちょっとした話題になった。だが、真に驚くべきは、この心優しい行為自体ではない。 ☞
日々徒然 · 2月 16日, 2021年
  今つくっている人形のボディに詰めるおが屑が足りなくなって、追加で取り寄せる。以前のものが在庫切れになっていたので、新たな品を。  このおが屑は粉状やささくれ状が多いようだ。30と20メッシュの篩で選り分けねばならない。  作業するうちに、ふと、はっきりヒノキの香りが匂いたってくる。 ☞
日々徒然 · 12月 21日, 2020年
 冬至。  といえばユズ湯ですな。    さてもよと そろりしづめる柚子湯かな  うーむ、ちと爺くさい句になってしもうたのう…。  うむ…、これはしゃれじゃよ、しゃれ ( ̄д ̄)  ☞
日々徒然 · 12月 15日, 2020年
 もう修理もしない、いずれ通話もできなくなる、と脅されながら、いまだガラケーである。    などと頑張っていたら、充電器の接続があやしくなってきた…。これが断線したら、アウトじゃ! ((+_+))  絶縁ビニールテープでぐるぐるに補強!  ☞
日々徒然 · 12月 04日, 2020年
 ヨガが11時近くに終わって、太極拳が3時頃に始まる。その間は図書館で過ごす。  コロナ禍で再開後は席数も少なくなった。けれど暇つぶしにスポーツ紙を読みにきているような方々の来館がめっきり減って、いつもだったら2人分のスペースをゆうゆう独り占めできる。 ☞
日々徒然 · 11月 28日, 2020年
 料理歴 ン十年だから、厨房道具にはそれなりの古株が。  その1 おひつとしゃもじ。  春~初夏に比べて秋の食物にはそれほどの魅力を感じないけど、新米は別格。土鍋で炊きあがったら、お櫃に入れるのが鉄板のヒケツですな (*'ω'*)。  さわらのお櫃は黒ずんで、しゃもじは鍋底をこそげつづけてきたせいでさいづち頭に削れちまってますがね…。 ☞ 
日々徒然 · 11月 18日, 2020年
 竹ぼうきと熊手を購入。  我があばら家をおおいつくしている蔦の葉が落ちはじめている。全部落ちれば半端ない量だ。まあ放っておけば風に飛ばされたり土に還っていくのだが、さすがに気になってときどきは庭ぼうきなどで掃き集めたりする。  だが、落ち葉といえば竹ぼうきか熊手ではないか。それがニッポンの風情というものであろう ( `ー´)ノ  ☞
日々徒然 · 11月 04日, 2020年
 木枯らし一号。  明け方にすごい風が吹いている音が夢うつつに聞こえて、それがそうだったらしい。  でも昼間も突風が吹きまくる。  こういう日のテニス(軟式です)はなかなか厳しい。 ☞

さらに表示する