余計なお世話

 

         股関節のヒミツ ― スリットを隠せ!

 

 胴と脚とをつなぐ関節には通常このようなスリットが入るが、どうにも美しくない。

 服を着れば見えるわけではないけれど、見えなければいい、という考えには与したくない。

 

 

 同じ考えだったか、ジュモー工房を引き継いだSFBJでは、両脚をつなげるという方法をとっている。

 

 

このやり方を踏襲してみた。


 

 SFBJでは、単純な丸穴で両脚をつないでいるので、可動域は脚を振り上げるだけで、開脚はできない。

 しかし、このような形にすれば開脚もできるようになる。

 だが、この方法の弱点は、ゴムの強い張力を得ることができないということだ。

 軽いコンポジションボディならまだいいのだが、ビスクの重さになるとしっかりホールドできないので、姿勢も今ひとつ不安定だ。

 そこで、胴と脚との間に独立した球を入れてみる。

 

 脚を前に投げ出すためには、90度分のスリットが必要だが、これを球の胴側と脚側とに45度分ずつ分散して、それぞれの凹面に隠れるようにする。

 

 

 このとおり。

 これなら張力も十分なので、姿勢も安定する。

 2冊の「吉田式」にも書かれていないし、これこそ自分の独創ではないか。

 ところが、ふと本棚に眠っていたアイミという人の「はじめて作る球体関節人形」という本を開いたら、まったく同じことが書かれていたのだった。(これはなかなかいい本だ。‘天損’あたりで、まだ入手できるのでは…。)

しかし、ここでひとつ疑問が。

 写真集などの裸の人形で、独立球を使ってスリットも見えないものがある。だが、これらが前述の手法を使っているようには見えない。受ける側の凹面が浅すぎるのだ。

 

 スリットを隠すためには凹側に深さが必要で、浅ければ90度分のスリットははみ出してしまう。スリットを90度分より少なくすれば、浅いお辞儀、のけぞった座り方しかできない。(それでよしという割り切り方もあるだろうが。)

「別冊Dolly*Dolly 少女人形〈'04〉」p4

 そこで考えられるのは、次のような馬鹿々々しいほど簡単な方法だ。

 まず、独立球に90度分の1本のスリットをとる。

 直立すればこのままではスリットは隠せない。よって、ここで球を90度内股側(あるいは180度ま後ろ)に回転させる。スリットが見えなくなる。

 座る時は球を元にもどす。なーんだ。

 

 ちょっとずるいような気もするけど、ま、一応は解決しますな。