· 

AZUL再び ~ 小暮はなライブ

 

 小暮はなのCD「AZUL」再リリース記念ライブが下北沢で。

 「AZUL」収録曲を中心に、前半は小暮自身のギターのほか伴奏は永田雅代のピアノのみ、後半にポルトガルギターの月本一史が加わる。

 ファルセットなしで高音域まで伸びる歌声。高音でもキンキンと耳障りに響くことなく、まさにサウダージというべき陰翳ある歌声に胸が震える。  ☞

 

〈一部〉

  こもりうた

  空の下で

  かもめの住む街

  AVIA

  MOJITO

  チョウチョ

  朱いさかな

  おかっぱ頭*

   * ロケット・マツがメロディオンで参加

〈二部〉

[月本と永田のインストデュオ(Balada Maria Inês か ?)]

アンドリーニャ

Loucura (狂気)〈Fado〉

麗しのリスボン〈Fado〉

一羽のカモメ

ファドを歌おう〈Fado〉

タンポポのように

〈アンコール〉

ホタルの庭で

畦道

 

 伴奏の永田と月本とぴったり息の合った素晴らしいライブ!

 

 再発盤には5曲のボーナストラック盤が付いている。いずれもライブ音源。録音も上々で、選りすぐったものか。珠玉の歌声。

   咲き続ける花よ

   一羽のカモメ

   チョウチョ

   空の下で

   こもりうた

 「一羽のカモメ」と「チョウチョ」は小暮はなのベストパフォーマンスというべきもの。(ここでも永田雅代のピアノが素晴らしい ❢)「空の下で」と「こもりうた」はまだ20代半ばの小暮が、ギター一本でポルトガルで歌った音源。

 ☛  AZUL         

 

 

 ライブが終わって「魚真」に。しかしあと20分でラストオーダーだと…。別の店をあたる気にもならないので、ばたばたと注文。鯵南蛮漬け、稚鮎天ぷら、寿司おまかせ5貫(中トロ、エボダイ炙り、シマアジ、クロムツ、トリ貝)。酒は加賀鳶。 …極上の一夜。