· 

骨董ジャンボリー

 

 東京ビッグサイトで骨董ジャンボリー。

 

 撤退してしまったなじみの店も。

 特に着物関係はぱっとしない。

 ある顔なじみの女主人は、手頃な値のいい物が品薄になってしまって、極端に高級なものがコレクター向けに少数出回っているだけだという。

  そんないい物はとても買えないし、仮に買ったとしても、もったいない、― というより人形用に切り刻んでしまうに忍びない。やはり人が着てあげなくちゃね。

 

 瑪瑙の金魚の帯留。

 

 帯留の写真集にもこの手のものが載っていて、手元に置きたいなあと思っていた。

 でも、人形用にするには大きすぎるし、もちろん自分で使えるわけでもないし…。

 ま、そんな実用にならないものはやたらにたまっていて、これに限ったことじゃないんですけどね。

 

 真鍮の飾り金具。ドイツっていってたかな。

 これは人形の帯留にできそうですね。


 

 

 花梨の花器台。杢が美しい。

 人形スタンドの材料になるかな。 

 

 マンゴーの木で作った鳥。

 作ったのはインド人だとか。

 

 カードとか携帯を持たせる。(ガラケーならちょうどいいけとスマホだとどうなんでしょうね。)


 

 平成12年初場所 絵番付。

 東横綱 武蔵丸、若乃花、西 貴乃花、曙。魁皇や寺尾もいるぞ。

 

 ま、たったの100円だったので。

 でも多分身長等の体格も正確な比率で、化粧まわしの絵柄も忠実に描いているんだろうな。労作。