天使の尻 夏の葉むらに恥ぢらひてあわだつほどのまひるまの夢

 

 

渡る風 風の泡立ちつつみかねうすき午睡の呟きとなる

 

 

角折れし少年の影消え失せぬ のうぜんかづら狂ひ咲きけり

 

 

雨後のあさがほ事後のあさがほくたびれてわかものがあいする少年の午後

 

 

うたゝ寝のまだ覚めやらぬ午後の陽を眩しき空と鳥はよこ切る

 

 

さわたりてまだきも倦めるうたかるた夢にもたはしき日々は来よまた

 

  は              くれくれ  くりや

水喰めば六腑にひびく暮々の厨の闇に梨沈みをる

 

うから            まなうら 

族絶ゆつむれば赫き眼裏にこの世のほかの桜咲くらん

 

 

 

             だる

うたた寝ののちの懶さよ夏木立

 

 

 

かたつむりこの世にひとりこぼれ来ぬ

                   ゆふまぐ 

酔芙蓉たれたづねゆく夕目暮れ

 

酔芙蓉逢魔が刻に溶けゆけり

 

誰が夢かのうぜんかづら狂ひ咲く

 や                 た

破れカンナ老嬢のごと佇ちゐたり

 

しぐるるや木々の眠りのあさき闇

 

老いたればうたゝ寝に聞く梅雨の入り

 

うたゝ寝に聞く雨音や蜘蛛の罠

    は

水喰めば十一月の恋の果て

 

さればよとそろり柚子湯にしづみをり

)